【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

集客方法

2/2ページ

飲食店の集客チラシのアイディアネタとセールスコピー例

チェーン店などではなく、地域性のある小さな規模の飲食店ではチラシによる集客も魅力ですね。 まあチェーン店ならダイナミックな広告を使うでしょうし。。。 かと言って普通のチラシでは見向きもされないのが現状。正直、現代社会では情報過多により広告を見慣れており、ちょっとやそっとではほとんどスルーされるのが当たり前。

リーフレットやチラシで集客できないワケと改善方法

そのフライヤーやリーフレット、お洒落すぎではありませんか? 集客用ではない方はスルーしてください。 もしあなたの作ったもしくは作ってもらったフライヤーやリーフレット。 配っても置いてもなかなか集客につながらない。それにはワケがあります。

インスタグラムで集客する方法とコツ

2016年2月に発表された世界でのインスタグラム人口は4億人、ツイッターの世界人口3.2億人を超えています。 個人的に興味深いのはインドネシア。1800万人のインスタグラム利用者がいるようです。対人口比率で言うと26%。ちなみに日本は730万人、人口比率6%です。 フォロワーが1万人いても売り上げが「0円」なんて事があるとご存知ですか?

<リピート対策>より効果的なアフターメールのタイミング

あなたのアフターメールのタイミングとその後 お客様が来店してくれた、感謝の気持ちを込めてさて、アフターメール♪カチカチッ 「本日はご来店ありがとうございます。・・・」 となっている方、ちょっと待ってみましょう。 はやる気持ちは充分わかりますが、ここでは人の記憶と心理状態にスポットを当てて考えてみます。

ブログ集客出来ない方へ 商品やサービスから集客する方法

お勧めするところを少し間違っていませんか?? あなたが自信を持ってお勧めする「商品」や「サービス」。 ブログやfacebook、twitterなど様々なところでその商品やサービスの背景や知識、特徴などを書く機会が多い事でしょう。 もちろん、お知らせする事は良い事です。 せっかくお知らせするのなら、それを見たり読んだ顧客様や見込み客の方に、もっと深くお知らせしてみましょう。小売業、サービス業などの方 […]

集客を高める為に顧客リストを使う集客方法

 試行錯誤して「集客」に励むすでにある期間営業をしている方へ まだ来店したことがない、商品やサービスを購入したことがない「見込み客」に対してどうアプローチしよう。ビラでも作ろうか?広告でもだそうか? 「集客」というとどうしても「外」に考えが向いていませんか?

新規客を集客する前に押さえておきたいポイント

「集客」「新規のお客様の集客」・・・ 新規クライアント様、ヒアリングを行った方が口を揃えて言われるワードです。もちろん売上=客数×客単価×購入回数ですから「新規のお客様を集める」事は売上を上げる事において大切なポイントです。 今回の記事では、あなた含めみんなが欲しがる「新規客の集客」をより効果的に行う為のポイントをトレーニングしていきます。

繁盛している飲食店はここが違う 客目線から作り上げる5つのポイント

長年接客業だった為、飲食店やその他サービス業でもつい店内を見渡したり、接客をこっそりと色々な点を見てしまう癖(店側は嫌だろうなぁ) いち客として行くので、お客様目線で見るのはもちろんですがついつい商売目線でも見がち。プライベートでは友人と外食する事も多い私から見たぽろぽろ出てくる違いを踏まえやるべき5つのポイントをまとめました。

マッサージ店集客例 僕が思わず揺らいだ新規客の集め方

ここ福岡でも広告やSNS、その辺を歩けば店の看板など至る所に「新規客を集めたい印」が溢れています。 ある日たまたま通ったマッサージ屋さん。どうやらマンションの上の方で、看板は一階の通り沿いに出ていました。(許可を取っていないのでさすがに画像は止めときます(笑)) 僕がここで思わず揺らいだマンションの下に置いてあったブラックボードについてシェアします。

【基礎編】美容・ネイル・マッサージサロンで行うリピート対策

このブログの検索キーワードを見てもわかるようにクライアントを含め、リピート対策に悩んでいる方が多いようですね。 先日のブログでは顧客の売り上げを現状から2倍にしたい場合、客単価×リピート率×LTVとの話をしました。

激戦エリアに学ぶ繁盛する美容院と潰れる美容院の違い

コンビニや整体院と並ぶ激戦業種である「美容院」。 ここ福岡市中央区の大名エリアではエリアに対して美容院の密度が日本一高いと言われています。いつの間にか新店がオープンし、いつの間にかなくなっている店、一方多店舗展開する美容院、移転して拡大する美容院もあります。 しっかりと顧客を持っている店が勝ち、持っていない店が潰れる。これは美容院に限った事ではありませんが、この様な激戦区では尚更です。また、この大 […]