【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

キングコング西野亮廣さんが考案したレターポットの使い方

キングコング西野亮廣さんが考案したレターポットの使い方

革命のファンファーレやえんとつ町のプペルの作者でもあるキングコングの西野亮廣さんが始めた新サービス「レターポット」

TwitterやFacebookなどSNSでもよく見かけますが「レターポット」とは一体どんなものなのでしょうか?

レターポットとは?

1文字5.4円で相手に想いを贈る事が出来るツール。電報のオンライン版と言った方がイメージしやすいでしょうか。一言では説明が難しく、正直言ってやってみた方が早いので早速僕も始めてみました。

僕のレターポットはこちら↓↓

 

レターポットの始め方

まずはアカウントを登録します。

letterpot

画像をご覧のように、Facebookのアカウントを使用します。

いまのところFacebookアカウントを持っていないとレターポットは使えないようです。(2018年1月13日現在)

次に利用規約に同意し、あなたのFacebookアカウントからレターポットを登録します。

letterpot2

レターポットにログインします。

https://letterpot.otogimachi.jp/

ログインするとこの様な画面に移ります。

僕の場合、すでにレターを受け取ったり、贈ったのでその数字が出ていますが、初期段階では0です。

レターポットのメニュー画面

letterpot3

ご覧のように、α版である現在では至ってシンプルなメニューです。今後のアップデートで改良されるところもあると思いますが、これでも充分機能します。

では早速誰かにレターを贈ってみましょう。

レターポットのレターを買う

レターは現在、以下の様に100レターで540円、1000レターで5400円の2パターン用意されています。

letterpot4

購入時の決済方法はクレジットカードを使用しますので、上記の購入金額を選択し、次に移ります。

ここで、僕と同じような業況に陥る方がいると思います。

僕の場合、クレジットカードのブランドがJCBだけの為、購入したくてもできないハプニング。

また決済方法がクレジットカードのみなので、クレジットカードを持っていない方も現段階ではレターを買うことができません。

レターを買うことが出来ない方がレターを贈る方法

上記のようにレターを買うことが出来なかった場合、いったいどのようにしたら良いのでしょうか?

この記事の画像をご覧いただけるとお解りの様に、レターを買えなかった僕も実際にはレターを贈ることが出来ています。

僕の場合、買えなかったのでTwitterでツイートしてみたところ、それを見た方がレターを贈っていただきました。

そのレターを使った現在僕は他の方にレターを贈ることが出来ています。

レターを相手に贈る

それでは、レターを僕に贈ってくれた世の中のレターポットユーザーに感謝しつつ、相手にレターを贈ってみましょう。

画像の様にレターを贈る相手は名前で探したり、最近やりとりしたユーザーから選ぶ事ができます。

ちなみにfacebookの友達ですでにレターポットを始めている方は自動で表示されます。

また、レターポット内で相手をフォローする事も可能です。

レターポットの仕組み

つい先日設立したばかりのレターポット。実際どのようにして収益を得ているのでしょうか。

ビギナーの僕が見る限り、設立資金は「クラウドファウンディング」で、運営資金の一部は、レターを贈る際に使う「便箋」代が運営側にいっているようです。

西野さんが言うに僕たちが買うレター代は運営の収益になってるわけでは無さそうですね。(支援金等も捻出しなければいけませんし。)

レターの使用期限

レターには受け取ってから4ヶ月で消滅するという期限があります。4ヶ月で消滅したレターは運営側の収益に回されますが、西野亮廣さん的にはそれは望んでいないと。今はグルグル回してユーザーが増える事が先決だそう。

「レターは4ヶ月経つと冷めて使えなくなります」という表現もユニークですね。

レターの換金機能

今のところ貰ったレターを換金する機能は付いていません。

正直なところ換金機能は要らないかなと個人的には思います。

換金機能があると、世の中には隙間を縫って必ずお金の為だけに悪さをするヤツが出てきますし、「信用の可視化」をするレターポット本来の趣旨からズレますしね。

ズルしても何の意味もなく、ただの自己満に終わるのは始めてみたあなたも理解できるはず。

 

今後レターポットを使ってクライアントさんのビジネスに活用できるよう、ただいま構想を練っています。

また別記事で紹介出来たらと紹介しますね。

 

僕はレターを「送る」ではなく「贈る」ものだと解釈しています。。。それではまた。

無料チェックシート

CTA-IMAGE 売上、リピート対策、新規集客などマーケティングからセールスまでうまくいかない方はまずこの無料チェックシートで弱点を表面化しよう。

マーケティングカテゴリの最新記事