【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

売上を上げるシンプルな構造

売上を上げるシンプルな構造

売上が好調だった期間を持続させる

シンプルに言うとこれに尽きます。これは理論上でも実際の経験でもそうです。

飲食業であれ、マッサージ店などのサービス業であれ、多少なりとも月によって、ある期間によって売上が上がるところがありますよね?

ここを分析してみましょう。

例えば、飲食店。どこも年末は年間の中でも売上が良いはずです。ではなぜ、その期間は売上が好調だったのか?

11月下旬から、全国どこでも「忘年会」という団体客が増えますね。団体客が増えれば売上も伸びている事だと思います。この点に着目してください。

では、なぜ年末以外が売上が伸びないのか?それはもうあなたにはお判りでしょうが、この「団体客」が減っていませんか?また、他の月にも団体客を来店させる対策はきっちり取っていますか?

来店人数が多い=次につなげるチャンスも多い

せっかくいつもより繁盛しているこの期間。ここでいかに次につなげるか。この対策をするかしないかでその後の売上も大きく変わってきます。(どうやって次につなげるかはクライアント様だけね。。。)

その仕組みを他にも応用しましょう。

先程はお客様の種別で「団体客」。ではあなたの店で他のカテゴリーで多く売り上げているカテゴリーに着目してください。

それがお客様の種別なのか(例えば女性客とか、男性2人組とか・・・)メニューなのか、サービスなのか。業種によって異なってきますが、売上の構成の中で必ず「強い」ところ=売上が構成比が高いところが見えませんか?

その「強み」を強化しましょう。それがもし平均的であれば何かを「強く」し、それを週間、月間、半期、年間全スタッフで徹底して強化しましょう。

 

あなたの「強み」は多くの売上を生み出してくれます。

強化しなくともそれだけ売れているのであれば、強化すれば更に売れます。

それを店全体で徹底する事で更に効果は増します。

そして持続させる事で、より多くの数字が生まれます。

 

シンプルな構造ながら、やるとやらないとでは大きな違いが出てきます。

あなた自身で大きく売上げを左右します。

いくら私が多方面から売上の仕組みを構築しても、あなた自身がそれを徹底して行わなければ結果は大きく違うでしょう。

実際売上を上げるのは店にいる「あなた自身」ですから。

無料チェックシート

CTA-IMAGE 売上、リピート対策、新規集客などマーケティングからセールスまでうまくいかない方はまずこの無料チェックシートで弱点を表面化しよう。

マインドセットカテゴリの最新記事