【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

リーフレットやチラシで集客できないワケと改善方法

リーフレットやチラシで集客できないワケと改善方法

そのフライヤーやリーフレット、お洒落すぎではありませんか?

集客用ではない方はスルーしてください。

もしあなたの作ったもしくは作ってもらったフライヤーやリーフレット。

配っても置いてもなかなか集客につながらない。それにはワケがあります。

リーフレット集客

作ったリーフレットが集客につながらないワケ

1.集客したいターゲットが広すぎる

「いやいやうちは幅広い年齢層に向けていまして。。。」向けるのは構いませんが、実際どんな人が来店していますか?

例え20代から60代までの幅広い方が来店していたとしましょう。肝心なのは中身。その中で年齢層が広いだけで、高い割合を占める共通のお客様の共通している点があるはずです。

 

2.集客したいターゲットに響くキャッチコピーがない

集客につなげたければ、1で上げたターゲットに響くキャッチコピーを載せましょう。

ぼやっと幅広くといったような欲張りな広告ほど何の意味も成しません。むしろコストの無駄です。

それよりもあなたの店のお客様で高い割合を占めるお客様に、そしてそのお客様に響くキャッチコピーでまずフライヤーやリーフレットを手に取ってもらうことが先決です。

 

3.リーフレットのデザインがオシャレ

雰囲気だけで何なのかよく読まないとわからない。

わからない=ほとんど目に留まらない。

クリエイティブな広告程、集客効果はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

 

この一瞬が集客の差を生む良い広告、良くない広告

先月、マンションの郵便受けにお洒落なフライヤーが入っていました。

職業柄エントランスで自分の必要物の他、チラシやフライヤーなどの広告物もチェックします。

そして瞬時に見る、見ないものを振り分け、見ないものはゴミ箱にポイ。

コストをかけた広告も大半はこの状態です。

自分には関係ないものだとわかれば、見ない→捨てる。

 

良くない広告

その中にお洒落な雰囲気のフライヤーが入っていました。僕の振り分けは「見ない」ですが、「あーーもったいないなぁせっかく広告出しているのに」とどんな店だろうと改めて見ました。そこは近所のマッサージ店ですが、(もちろん名前は伏せます)店の名前と住所連絡先、マップ。そして店の雰囲気がわかる言わば紹介カード。

こういうたぐいの紹介カードはポスティングよりも直接知り合いに手渡しの方がまだ効果は見込めるのではないでしょうか。

良い広告

逆に「見る」に振り分けた広告の1つ。

手書きで書かれたチラシでした。そこにはお世辞にも上手いとは言えない文字。

ですが、僕は瞬時に「見る」に振り分けました。

なぜならキャッチコピーに

 

「どこへ行っても万年肩こりのあなた」

原因は○○にあります。当院では○○からアプローチし、これまで様々なマッサージ店に行っても治らなかった肩こりを解消させます。

※そのまま書くとあれなんで少し故意的に変更しています。

 

僕にはこのコピーが響いたからです。

このマッサージ店は僕のような万年肩こり且つ、いろいろなマッサージ店に行っても改善されなかった人をターゲットにし、且つ「へー」と思わせる意外な原因に気づかせたからです。

これぞ広告を出すの意味!!ですね。

そして、ずらずらとメニューが並んで、店の名前と住所、電話番号、メールアドレスが記載してい・・・・たわけがありません。

このチラシはpasonaの法則通りに流れが進んでいました。

集客を効果的にする為のセールスコピー(広告文章)の書き方

Problem(問題提起)

職業柄、通年肩がこり、仕方なくマッサージ店に行くものの解消されない。

揉み返しやスタッフの相性があると聞いたことがあるので、担当を変え店を変え、それでも肩こりは改善されず・・・・

省略します。

Agitate(炙り立て)

そのまま放置していても、ずっと肩こりに悩まされ、ひどくなると・・・

省略します。

solution(改善策の提示)

当院では・・・

ここでこのマッサージ店では肩こりで悩んでいる方への改善策を提示します。

省略します。

narrow down(顧客や期間を限定)

このチラシを見た方に限り、○月○日までにご予約されますと

通常○○円を○○%offにて・・・

action(行動)

今すぐ、下記電話番号にご予約ください。

また時間外でしたらメールでも構いません。

省略します。

 

良いですね、この広告。

ターゲットに呼びかけ、共感し、あぶりたて、限定のあるオファーをし、アクションさせる。

省きましたが、顔写真付きのプロフィールも載っていました。

パソコンは使わず手書きでのチラシでしたが充分パンチがありました。おそらく書いたのはコピーを学んだ方なのでしょう。

もちろん、これを数百枚撒いたわけではないと思います。

 

中には集客にと200枚巻いたのに全く来ないとぼやいている方が昔いましたが、そりゃそうです。これで例えると誰もが肩こりとは限りませんし、誰もが見たとは限りませんからね。

冒頭で書いたようにターゲットが不明だったり、お洒落すぎて何なのかわかりづらかったりすれば1000枚だろうと100000枚だろうと、1、2人来ればラッキーくらいでしょう。

 

広告はクリエイティブなだけでは効果は見込めません。

ターゲットに届き、響かなければ。。。

広告を出しても効果がなかなかでない方はこちらもご参考ください。

 

広告(チラシ)でグッと来店率をアップさせるキャッチコピーの作り方

 

P.Sこのマッサージ店、今月はターゲット、キャッチコピーを変えまたチラシが入っていました。次の客層を狙っているのでしょう。(今回も手書きでした)

無料チェックシート

CTA-IMAGE 売上、リピート対策、新規集客などマーケティングからセールスまでうまくいかない方はまずこの無料チェックシートで弱点を表面化しよう。

集客方法カテゴリの最新記事