集客

Googleビジネスプロフィールの登録方法と上位表示対策(MEO)実店舗には必須

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これどうやって登録するのかわからない方はいませんか?

Googleマイビジネス

 

 

これはGoogleで「地名+〇〇(サービス名)」とかで検索した際に出てくる画面です。

ここに表示されるのは広告の他、「Googleビジネスプロフィールに登録している会社や店」が表示される仕組みです。

また、これらは「OK Google 近くのラーメン屋」とスマホのグーグルに話しかけると以下の様に、現在地付近のラーメン屋さんが検索として出てきます。

近くのラーメン屋

こうしていろんな店を検索する人も多いので「Googleビジネスプロフィール」に登録しとかないと損ですよ、、、しかも無料ですし。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)とは

Googleマイビジネスとは2014年にGoogleが提供を開始した「事業者向けの無料集客サービス」です。

このGoogleマイビジネスに登録し、ビジネス情報を入力すると営業時間や定休日、電話番号、ホームページURL、地図、口コミ、写真などを「Google検索結果」「Googleマップ」などの情報をGoogleサイト上に無料で掲載できる仕組みです。

現在では名称を変更し、Googleビジネスプロフィールと呼ばれています。

 Googleビジネスプロフィールの登録方法

Googleマイビジネス

 

Googleビジネスプロフィールの登録するにあたり、リスティングをすでに出している方は店舗名や会社名でGoogle検索して、リスティングが表示されるか確認してみましょう。

※まれにご自身で作成していなくてもGoogleが先に自動で作っている場合もあります。

表示されたら、「このビジネスのオーナーですか?」をクリックし、確認をしましょう。

ビジネス名、住所、電話番号、所在地、ビジネスのタイプを入力し、最後に登録されている電話番号で確認コードを受け取り認証します。オーナー確認が済んだら、自由に編集できるようになります

 

リスティングを出していない方は、GoogleにログインしてGoogleビジネスプロフィールの公式サイトにて手順に沿って入力します。

※言うまでもないですが、必ずビジネス用に作成したアカウントでログイン、Googleビジネスプロフィールを作るようにしてください。

入力が終わって最後に登録されている電話番号で確認コードを受け取り認証します。このオーナー確認が済んだら、自由に編集できるようになりますので、オーナー確認まで必ず行いましょう。

Googleビジネスプロフィールの上位表示対策MEOとは?

通常SEOは検索の上位表示の対策としてよく耳にすると思いますが、それのGoogleマップ版で通称「MEO」と呼びます。(Map Engine Optimization)

ローカルSEOとも呼ばれていて、Google、Googleマップで「今泉 マッサージサロン」の様に、「エリア×業種」「エリア×サービス名」などで検索の際にリスティング枠内で上位表示させる対策のことを「MEO対策」と言います。

このMEOに関してGoogleも以下の様に挙げています。

 

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する
ユーザーが現在地付近のビジネス情報や場所を検索すると、ローカル検索結果が表示されます。

ここには、Google マップや Google 検索を横断して多数の場所が表示されます。

たとえば、モバイル端末で「イタリア料理 レストラン」と検索すると、ローカル検索結果として、ユーザーが訪れたくなるような近くのレストランが表示されます。下の画像では、Google 検索のローカル検索結果として、いくつかのレストランが表示されています。

何をすれば良い?MEO対策

ではこのMEO対策を行うには何をすれば良いのでしょうか。

基本的なMEO対策として、4つの項目に分けて紹介していきます。

1.入力できる情報は細かく入力する

Googleビジネスプロフィールに入力できる情報は余すことなく入力しましょう。

もちろん肝心なのは、ユーザーが検索して便利(ユーザビリティー・ユーザーファースト)だと感じるサイトをGoogleは評価しますので、親切なサイト作りを徹底します。

店舗(会社)情報、ホームページのリンク、写真など全てにおいて充実させることが大切です。

 

2.ビジネス名にエリア名を入れる

Googleの掲載順位の仕組みの説明にもあった「関連性」を高めるためにビジネス名の後に地名を入れてあげましょう。

これだけでもローカル検索された際に関連性が高いとみなされます。

例えば、先程のクライアントさんの場合は

マッサージサロン○○|今泉

の様にします。簡単ですね。

 

3.投稿機能をこまめに使う

2017年にGoogleビジネスプロフィールに追加された機能です。

「サービスのプロモーション」「商品紹介「クーポンコードの発行」などを投稿機能で行うことができます。

Googleビジネスプロフィールにログインして「投稿」から入力すれば簡単にできます。

 

4.口コミを増やす

食べログの様にGoogleビジネスプロフィールにも「口コミ」機能があります。

海外ではGoogleビジネスプロフィールに投稿する方が多いですが、日本では徐々に増えてきている状態です。

他のポータルサイトと比べると若干少なく感じますが、あなたの会社のファンや利用した方が記入することが出来ますので、評判を得るためにも常日頃からのサービスの徹底は必須です。

GoogleビジネスプロフィールのURLを来店後のメール等に記載して、感想を得るなど一工夫することも口コミを増やすための対策として挙げられます。

あわせて知っておくべきGoogleビジネスプロフィールの順位の基準

検索結果にも順位を決定する基準があるように、Googleビジネスプロフィ-ルのリスティングにも掲載順位の基準が存在ます。

SEOと同様に全て公開されているわけではありませんが、Googleが提唱する掲載順位基準はしっかりと理解しておくことが大切です。

公表されているGoogleマイビジネス3つの掲載順位基準

  1. 関連性
  2. 距離
  3. 知名度

Googleビジネスプロフィールでは以上の「関連性」「距離」「知名度」にて掲載する順位を決める基準としています。

Googleビジネスプロフィールの関連性

関連性とは、検索キーワードとリスティング(あなたのGoogleビジネスプロフィールのページ)の関連度を指します。

ユーザーが求める情報に対してGoogleがより関連度の高い情報を表示する、これはSEOでも同じことですね。

あなたのサービスをより正しく伝えるためにも入力可能な情報を詳しく入力すると先述したのはこのためです。

Googleビジネスプロフィールの距離

続いて、Googleビジネスプロフィールの「距離」とは、文字通り、検索キーワードとリスティングに記載したビジネス所在地までの距離を指します。

「エリア名+サービス名」で検索しなかった場合は、検索ユーザーの現在位置からの距離を計算し、掲載順位の基準にします。

ちなみに同じ「エリア名+サービス名」で検索しても、ユーザーの現在地が異なれば検索順位が若干異なる場合もあります。

Googleビジネスプロフィールの知名度

3つめの掲載基準は「知名度」です。つまりそのリスティングがどれほど知名度が高いかを指します。

例えどんなにMEO対策を行ったとしても叶わない相手がいます。それは「ランドマークとされるもの」や「著名な美術館」、有名なブランドの店などです。

オンライン、オフラインともに知名度の高いリスティングはより掲載順位が高い傾向にあります。

またインターネット上の情報もGoogleマイビジネスの掲載順位の基準に加味されます。

例えば、あなたのビジネス名とその情報が掲載されているコンテンツ、他サイトに掲載されている口コミも該当します。

実店舗経営なら取り入れるべきGoogleビジネスプロフィールのMEO対策

Googleビジネスプロフィールの登録方法や押さえるべきGoogleビジネスプロフィールのMEO対策はご理解できましたでしょうか。

広告費は用意したくない、でも集客したいとワガママを言っているあなた!

無料でも集客する店はこういうところにも目を付けしっかり対策をおこなっています。

まだの方はこれを読んだらすぐに登録しましょう。

登録方法がまだわからない方はお問い合わせフォームよりご気軽にお問い合わせください。

合わせて読んでおくべき実店舗集客の関連記事

>>3つのポイントでわかる自分に合った集客方法の選び方

>>流れから学ぶ見込み客集客の仕組み化と作り方

>>集客できない人の10の特徴と行動 原因の1つはあなた自身にあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マーケティングからセールスの?を浮き彫りに

売上・集客・リピート対策・客単価・・・

売上や集客の為にいろいろと試してみたが成果が出ない・・・

そもそも何をしたら良いかわからない・・・

チェックする事で埋もれていた問題点が浮き彫りに!!

現状何が出来て何が出来ていないかを把握する事から始めましょう!


無料でチェックシートをダウンロード