【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

売上が下がった小さな美容院の改善 オフライン編

売上が下がった小さな美容院の改善 オフライン編

福岡市内 美容院のクライアント。

ご相談前の状況

設立4年目。売り上げが下がりもしないが上がりもしない、いわゆる横ばい。

だが、広告費が利益を圧迫しているとのこと。

美容院集客

ヒアリング後、早速いつものあれやこれやとデータを出してもらい状況分析。

冒頭の広告費が利益を圧迫は分析するまでもなくはっきりと。。。

大手クーポン誌に広告を出し新規客を集客しており、たまにチラシを作製、特定エリアに配布。

現状、広告からの集客した新規客がリピートする割合がかなり低い。いわゆる「初回特典キラー」に苦しめられています。

逆にたまに出しているチラシはリピート率も悪くない。

なので早速「チラシ」の改善と配布を・・・・と僕が言うわけがありません。

やみくもにチラシを配れば売り上げが上がるというわけではさらさらないので。突発的な売り上げでなく、長期間に及び売り上げが伸びる仕組みを作らなければ、単なる広告依存になるだけです。

まず内部の改善から。

ほとんどと言ってよいほど自然のリピートに任せており、必ず行っているのは初回来店後のサンキューDMのみ。

マーケティングジム改善点

・既存客との一定の関わりを持つためのシステムの構築

※システムといってもソフトなどではありません。

・客単価アップのためのセットメニューの改善

・店頭のブラックボード設置(毎日更新の一言ブログ)

・元優良客の呼び戻しDM作成、送付

・リピート対策用のオファーとメニュー作成

・顧客リストの振り分け

【おまけ】

ブログの書き方

etc

その他の注目点

・定着している客層の細分化

・離脱率の高い客層の細分化

そして、一旦費用の高い大手クーポン誌の掲載をお休み。

休む理由

広告の費用対効果が悪い為

安い価格を求めてくる単発の客のみを集めてしまっている為

集客データの作成

リサーチ後、ターゲットに向けて数パターンのデザイン、エリアでA/Bテスト

結果、オフライン「チラシ」で決定。

一定期間この仕組みのループにて様子をみました。

※もちろん定例のミーティングは行います。

内部改善から行うためさすがにすぐには結果が出ないものの、契約開始から3か月目で昨対112.3%、4か月目118.1%、5か月目128.2%、6か月目141.7%、既存客のリピートと新規客の流入の組み合わせで徐々に右肩上がりに。

現在は売り上げとのバランスをみて、集客のチラシの配布ペース、量を調節しています。

今回、福岡近郊ではありますが、お互いのスケジュール上対面でのミーティングの時間が合わなかったため、Skypeや電話でのミーティングを数回挟み込みました。

※通常なら遠方のクライアントとはそうしているのですが。。。

以上現状報告 美容院 オフライン編でした。

無料チェックシート

CTA-IMAGE 売上、リピート対策、新規集客などマーケティングからセールスまでうまくいかない方はまずこの無料チェックシートで弱点を表面化しよう。

コンサルティングカテゴリの最新記事