メール 集客

再来店を促す為にメールやハガキを送っても効果が出ない方へ

美容院やネイルサロン、マッサージサロンにおいてあなたが行う再来店(リピート)してもらう為に送るメールやハガキ。
何かとアプローチはかけているものの再来店に繋がっていないあなた。一度その内容を見直してみましょう。

リピートのメールやハガキの効果が出ない理由

マーケティングジムにお問い合わせ頂く方、ご契約頂いているクライアント様の初期段階で多いこの悩みには共通点があります。

「来て、来て感が強い」

良かれと思って送るメールやハガキ。

言葉口調やデザインなどいくら可愛らしくしてもこの「来て、来て感が強い」内容を含むと逆に来ないのが現実です。

つまりあなたが気付かないうちに来店を促すつもりが来店を強制しているようにお客様が感じてしまいます。

一度客観的になってみましょう。

例えばあなたが初めて行った美容院(何でも可)。来店した数日から数週間後、「来て来て」と言われてどう感じますか?

これで行こうと思うお客様は【あなたが来店時にうまくコミュニケーションを取り、信頼関係を短時間で築き上げる事が出来たお客様】です。

すべてのお客様に出来たら問題はないのですが、100%とはいかないもの。

初回来店のお客様に限らずそれぞれ信頼を築く為に必要な時間はそれぞれ異なります。

信頼関係を築き上げるまで至らなかったお客様にはあなたのアプローチがセールスに感じてしまいます。

セールスに感じる度合いが強ければ強い程心地は悪くなり、再来店どころか拒否反応を起こすお客様も少なくはありません。

再来店して欲しいあなたの気持ちは充分わかりますが、実際のところはこういった「ズレ」が気付かぬ間に生じてしまいます。

では再来店を促す為に送るメールやハガキはどのように書いた方が良いのか。

効果的なメールやハガキのポイント

結論!「送るタイミングでのお客様の悩みに寄り添え!」です。

なたが送ろうとしているタイミングで、そのお客様はあなたのサービスを受けた後何に悩んでいるのか。

そしてその悩みに対しての解決方法を丁寧に、わかりやすくアドバイスします。

これをより効率良く行う為に前もって準備しておきましょう。

送る前に準備するモノ

・サービスと期間別お悩み内容リスト

まずはあなたのサービス内容とそれを受けたお客様のお悩みを期間別にピックアップします。

例)サービス後、〇日目にお客様が悩み始める内容

行った日は良かったけど、その後思うようにスタイリングが出来ない→美容院で最後に行ったように仕上げるヘアセットの仕方とコツ

次第にまたパサついてきた→パサついた髪に効果的なヘアケア方法と取るべき栄養素

髪が伸びてきてまとまらなくなってきた→その長さで可愛く出来るヘアアレンジと使うアイテム

など

サービス後〇日目、〇〇日目、〇ヵ月目というように期間別に抱える悩むであろう内容に対して「先回りして」解決方法を提供します。

お客様にとって有益な情報だけを与え続ける事です。

マーケティングジム式メールを採用したクライアント様の事例

昔の事例を引っ張り出してもどうかと思うので、ここ1年間で行った事例を一部紹介しておきます。

ネイルサロン(自宅サロン/滋賀県 草津市 ZOOM/Skype/LINEコンサルティングプラン)

これまでは、定期的にいわゆる「来て、来て」と言わんばかりの内容のメールを送っていたのに対し、1通目は来店、ご利用への感謝の内容、次にネイルを長持ちさせるためのケア方法、健康な爪にするために摂るべき栄養素と食べ物など、爪を取り扱ってるサロンらしく、コンテンツは全て「爪」関連のものを配信。

少し伸びてきたタイミングで、オフしたほう良いタイミングとネイルの状態チェックリストなどサービス購入から次回来店まで、定期的にメールにてコンテンツを配信しています。

こうして繰り返し、「爪に関するコンテンツ」を配信していくうちに、これまでほとんどなかった「返信」されることが出てきました。

配信しているコンテンツに対してお客様が反応することで、新たなコミュニケーションが生まれます。

採用前 メール・ハガキでの反応率  約4% → 採用後 約18%

ご覧のように、これまで数パーセントだった反応率も、コンサルティング後の平均18%と4倍以上になっています。

また、あくまでもメール、ハガキからの直接的結果だけの数字ですので、間接的にはもっと多くの人が売上に貢献しているでしょう。(実際にリピート率、定着率、売上も向上し続けています)

美容院(小規模/3人/岐阜県 下呂市 ZOOM/Skype/LINE コンサルティングプラン)

これまでは、ご来店後のサンクスメールのみ、30日後に再来店を促すメール、90日後に特典付きオファーメールの3通。

採用後は先に紹介したネイルサロンと同様に「髪」に関するコンテンツを配信。

セールスは一切せず、髪に関する知識、ヘアケア、スタイリング、栄養素など髪のプロフェッショナルとして、お客様に有益なコンテンツを配信しています。

※メルマガスタンドから、LINE公式アカウントに変えて運用しています。

採用前 メールでの反応率 約12% → 採用後 約27%

整体 (小規模/2人/福岡県北九州市 コンサルティングプラン)

採用前 —-(何もしていなかった為)→ 採用後 約10%

ネイルサロン(小規模/福岡県太宰府市/コンサルティングプラン)

採用前 メール(LINE含む)反応率 約9% → 採用後 約31%

この様に各クライアント様それぞれ数字は異なりますが、アプローチの仕方を変えただけでも少なからず反応率は変わります。

※必ずしもこれだけ行った数字ではなく、来店時に取れたコミュニケーションやお客様によって多少差は出ますが・・・

まとめ

・知らぬ間に「来て・来て」メール、ハガキは送らない

・送るタイミングで抱えているお客様の悩みに寄り添う

・サービスと期間別お悩みリストを作成して効率をあげる

大きくこの3点に注意して、あなたが行うリピート対策の参考にしてみてください。

売上・集客・リピート対策・客単価・・・

売上や集客の為にいろいろと試してみたが成果が出ない・・・

そもそも何をしたら良いかわからない・・・

チェックする事で埋もれていた問題点が浮き彫りに!!

現状何が出来て何が出来ていないかを把握する事から始めましょう!

 

メール 集客
最新情報をチェックしよう!