【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

アパレルウェブコンサルと検索する方が悩む共通のポイント

アパレルウェブコンサルと検索する方が悩む共通のポイント

「アパレルウェブコンサル 」というキーワードで検索している方が多くこのサイトに訪れているので、今回はその様な方が実際悩んでいる共通点をシェアしてきます。

私がアパレルのECサイトでドル箱状態だったのは2008年頃からのほんの数年。当時は今の様にアパレルのショップ+ECサイトの組み合わせは必須ではなかった頃です。それから10年が経ち、現在では様々なショップがECサイトを出店してるだけでなく、ZOZOやその他無数のサイトで溢れかえっています。

その様な中、小規模の個人店や中小規模のアパレル会社が運営するECサイトでどう戦っていくか・・・。

ECサイトを持つ小規模店舗のアパレルショップ

「アパレルウェブコンサル 」というキーワードから、アパレルショップが運営するECサイトで何かアドバイスをくれる人を探しているか、そのコンサルタントが述べる事を参考にしようとしてるのではないかと推測されます。

実店舗とECサイトの両方構えている場合のメリットとして、ECサイトをうまく機能させることができれば実店舗への集客にも繋がりますし、エリア外のお客様にもアプローチできます。

エリアで、県内で、全国と数多くのSHOPがありますが、立地によっては実店舗だけではなかなか大きな売上は厳しいのが現状。

かといってひと昔前の様に、SEOを意識して商品をアップすればするほど売れてしまう時代はすでに終わっています。

以前の取引のあったクライアント様、お問い合わせ頂いた方への私からの共通する質問を一部公表しますのであなたのサイトに当てはめてみてください。

ECサイトの売上が悪い店へ質問

①このサイトは何屋さんですか?

②このサイトのウリは?

③会員登録のフォームはどこですか?

④月間・年間会員増加数は?

⑤顧客の年間購入額は?

⑥問い合わせフォームは?

⑦月間・年間会員増加数は?

⑧メインブランドはどれですか?

⑨打ち出しているアイテムは?

⑩セット率が低い原因は何だかわかりますか?

⑪注文から発送までのスピードは?

⑫商品発送後のアフターメールの内容は?

⑬次のアプローチのタイミングと内容は?

⑭メルマガの内容は?

⑮ニュースレターの内容は?

⑯会員を増やす努力はしていますか?

⑰・・・

 

という様にヒアリングの際に尋ねます。(実際とはかなりカットしていますが)「何屋さんですか?」「会員登録ページは?」「打ち出しているブランドは?」

なぜ、こんな当たり前のことを聞くのかと思ったかもしれませんが、そのあなたが思っている当たり前が、サイトに反映されていない為です。

いかに「ユーザーが使いやすいか、ユーザーに親切か?」をまず考えてください。「オシャレなデザイン」が売れるのかと聞かれたら「いや売れません」と私は即答するでしょう。

またその他の質問に対して答えられない=まともな運営していないということです。ただでさえ溢れかえる情報社会の中で、どのようにしてあなたのサイトで買い物してもらうか。そして繰り返し利用してもらうか。

まず最初にやるべき事としては「普通に運営する状態までサイトを構築する」ことです。

 

アパレルのECサイトを運営している方で売上が芳しくない方の共通点

・デザイン(見た目)重視

・SEO対策が曖昧もしくはビッグキーワードが多い

・問い合わせフォーム、会員登録フォームが目立っていない

・顧客管理が雑、もしくはしていない

・画像が綺麗でない

・商品のシルエットがわからない

・内部リンクが少ない

・ブログの題名が「○●入荷しました」

・コツコツとする持続するのが苦手

など(もっとありますが・・・)

SEO対策に注力している方、悪くないですが、まず「顧客がリピートする仕組み」、「新規客がリピートする仕組み」を見直してください。実店舗同様、「売上」「集客」「リピート」の仕組みを構築してください。

悩む前にまずは「普通レベルの運営」まで引き上げる事。戦うのはそれからです。

 

無料チェックシート

CTA-IMAGE 売上、リピート対策、新規集客などマーケティングからセールスまでうまくいかない方はまずこの無料チェックシートで弱点を表面化しよう。

コンサルティングカテゴリの最新記事