【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

売上を47%アップさせた ラーメン屋の改善ポイント

売上を47%アップさせた ラーメン屋の改善ポイント
約1年前、相談を受けた北九州エリアのラーメン屋さん。
以来前にご自身で行っていた施策として
・空いた時間にアルバイトによるビラ配り
・会計時にショップカードを渡し再来店を促す
との事でした。

売上等の現状、半年後、1年後の目標売上やどういう方向に目指したいのか、その他諸々をヒアリング後、折り合いが付いたので早速改善案を作成。

売上改善の為に行った事

・ビラ配りを一旦中止

・ショップカードを渡すのも中止

中止にした理由

ではなぜ、オーナーさんが知恵を絞りご自身なりに良かれと思って行っていた施策を中止にしたのか?
僕はビラ配りやショップカードを配る事自体にとは言っていませんが、現時点でのそのビラの内容並びにショップカードの内容、実際の費用対効果を考慮し、ただ【お金を捨てている】と判断した為、容赦なく中止しました。
そもそも何の為にそれらを行っているのか?
本来の目的、そしてそれに期待する効果が見られないのであればお金を捨てている状態と変わりません。

実際マーケティングジムが行った事

あくまでも本人のやりたいことを尊重し、

・ビラのデザインのやり直し
・ビラ配布のエリアの見直し
・ビラ配布時のセールストークの見直し

・ショップカードのリデザイン

店のイメージがあるので、ロゴや書体はそのまま採用、ショップカード兼〇〇にデザインを変更し、捨てられないような工夫をしています。

※今すぐあなたの財布の中を見てください。
どんなショップカードが残り、どんなカードは処分しているか。その心理を突いています。貰ってもすぐ捨てられれば無駄ですよね?100%とは言いませんが、いかにいつまでも財布の中に残し、それを見て再来店して貰ってこそ初めてその意味を成すのですよ。

・ショップカードの内容を変更した為、あるメニューの価格改正
これは客単価アップの施策ではありません。

・セットメニューによる客単価の向上

ラーメン屋の集客

※もちろん内部リサーチ等を行った後に改善を試みています。

その他、リサーチの結果、営業時間帯である偏りが見えて来たのでそこを突きました。数回のテストを試みた後、本採用。こうして改善前と後とでは売上が47%アップという結果となりました。

今回はラーメン屋さんという、低単価の飲食店の事例でした。
ご相談はご気軽にどうぞ。

無料チェックシート

CTA-IMAGE 売上、リピート対策、新規集客などマーケティングからセールスまでうまくいかない方はまずこの無料チェックシートで弱点を表面化しよう。

クライアントの事例カテゴリの最新記事