広告出稿後のチェックポイント

Web広告を出した後にしっかり管理しておきたい7つの指標

管理していますか?Web広告における基本管理指標

僕含め、マーケターがweb広告並びにチラシなどのオフライン広告を行う際押さえなければならないデータです。

以下の7つは必ず把握し管理しましょう。

1.CPA とは(cost per action)(円)

つまり1人のレスポンス獲得の際にかかった費用の事です。

媒体費用(広告費)÷総レスポンス数

2.引き上げ率とは(%)

レスポンス者数のうち本商品購入者の割合を指します。

総購入者数÷総レスポンス数

3.CPO とは(cost per order)(円

 4.購入単価とは

顧客1人あたりの1回の購入金額指します。

年商÷年間注文件数

5.年間購入回数とは(回)

1年間での顧客1人あたりの購入回数を指します。

年間購入単価÷客単価

6.LTV(life time value)/ライフタイムバリューとは(円)

1年間で顧客1人あたりの購入単価

年商÷顧客数

獲得した新規顧客をいかにリピートしてもらい、年間売り上げを稼いでいるか。

7.年間ROAS(%

1年間での広告の費用対効果を指します。

LTV÷CPO

もちろん、いかにCPOを下げてLTVを上げるかと言う事です。

広告にはもちろんお金がかかっています。ただ出しただけではコストが膨らむばかりです。しっかりと指標にすることで、広告のどこが弱いか、どこが強いかが理解でき、改善すべきポイントが表面化します。しっかりと表にして把握しましょう。また、これをPDCAサイクルで回し、最適化していくことが大切です。

関連記事

休眠客対策 182円で集客し売り上げる3ステップDM

初期広告費0!飲食店のリピート集客アイディア LINE公式アカウント編

売上・集客・リピート対策・客単価・・・

売上や集客の為にいろいろと試してみたが成果が出ない・・・

そもそも何をしたら良いかわからない・・・

チェックする事で埋もれていた問題点が浮き彫りに!!

現状何が出来て何が出来ていないかを把握する事から始めましょう!

 

広告出稿後のチェックポイント
最新情報をチェックしよう!