Warning: Use of undefined constant ‘RELOCATE’ - assumed '‘RELOCATE’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/marketing-gym/www/wp-config.php on line 96
リピート客を増やす対策にLINE@!成功事例を交えて使い方を解説
【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

リピート客を増やす対策にLINE@!成功事例を交えて使い方を解説

リピート客を増やす対策にLINE@!成功事例を交えて使い方を解説

2018年現在、LINE@の登録数約21万店舗。LINE自体の国内の月間アクティブユーザー数7300万人と人口の半分以上が利用しているLINEをマーケティングツールとして活用するほかならないと思いますが、公式アカウントを取得している大企業やプロプランを使っている大・中規模の企業は別として、小規模の店舗ではいったいどれほどの数の店がこのLINE@を使いこなしているのでしょうか。

SNSユーザーの特徴

日本国内のSNSにおける年代別ユーザー数をみると、Facebookでは月間アクティブユーザー約2800万人、ユーザー数は40代が約750万人、次いで30代が約630万人、50代、60代がそれぞれ約590万人その他は大幅に低い傾向にあります。

Instagramでは月間アクティブユーザー約2000万人、ユーザー数は20代が約500万人、次いで30代が約460万人、40代が約450万人、その他は大幅に低い傾向にあります。

一方LINEでは月間アクティブユーザー約7300万人、ユーザー数は40代が約1300万人、次いで30代が約1140万人、20代が約990万人といった具合です。

これとあなたのビジネスの客層とを比べてみてどう感じるでしょうか。業種によって変動はあるものの、国内の主要SNSの中でアクティブユーザー数、ユーザー数共にダントツであるLINE。国民にとって身近なツールを使ってビジネスに活かすとすれば、LINE@を使うに他ならないと感じはしませんか。

LINE@の特徴

顧客へのアプローチ手段として、メールやハガキなどがありますが、開封率やコンバージョンを比較しても桁違いのLINE@。ユーザーが気軽に見れるだけでなく、PRページやクーポン機能などをうまく使えば、あなたの店のマーケティングツールとして充分役立つと思います。様々な機能がある中、使いこなせていなかったり、途中でInstagramに浮気したり、最初は意気込んでいたものの途中で放置したりと結局利用しない方ほど、「〇〇リピートを増やす」「◆◆集客の仕方」「売上が下がる」などと検索して売上向上の方法を模索している傾向にあります。

まずは、以前に紹介した記事「【2018年版】押さえておきたいLINE@のプラン別料金と機能」や弊社マーケティングジムが無料で配布している「LINE@使い方マニュアル」を参考にして、是非この機会にあなたの店のマーケティングツールに採用してみてはと思っています。ベーシックプランでは月額5400円とランニングコストも少なく、機能や使い方さえ覚えれば、専門知識が無くても充分あなたの店にとって有益だと思います。

LINE@の使い方と機能

では特にリピート客に効果的なLINE@の機能や使い方にはどのようなモノがあるかを紹介したいところですが、すでに「【2018年版】押さえておきたいLINE@のプラン別料金と機能」「LINE@使い方マニュアル」でも挙げていますので、その中でも特に使うべきモノを中心に紹介します。

1.友達追加時のあいさつ機能

あなたのLINE@に登録したお客様に対して、この「友達追加時あいさつ」の機能を活用しましょう。メッセージやクーポン、画像などを前もって登録して置き、友達追加時に自動でお客様のLINEに配信されます。

この機能を用いて次回来店時に使えるクーポンを配信しておけば、登録したお客様に対してファーストアプローチをする手間が省けると共に、リピート対策の1つが完結します。

LINE@の活用法

賢くLINE@を使いこなすポイント①

メッセージに「メッセージが届きましたら折り返しスタンプを送信して下さい」

このポイントを押さえる事で、1対1トーク機能が即使えるようになります。(※1対1トーク機能はお客様からのトークが始まらなければ使えず、初めはこちらから個別にトークを開始できない為
こうする事で、これ以降あなたとお客様間でアプローチが可能となりますので、いつでもコミュニケーションが取れるようになります。

LINE@クーポン

賢くLINE@を使いこなすポイント②

友達追加時のあいさつに「次回来店しないと損だ」と感じるような強烈な特典を付けたクーポンを配布する。

こうする事で、手渡しの次回来店時に使えるクーポンや、顧客リストに登録したメールアドレスに送るメールに添付したクーポンよりも劇的に効果があり、再来店率も大幅に上がります。また、1対1トーク機能を使って後日に来店を促すメッセージも送る事ができる為、これまで苦戦していたリピート率の向上にも役立つでしょう。

クライアントの事例

ここでLINE@を採用している弊社マーケティングジムの事例をいくつか紹介します。

ホールスタッフの接客

居酒屋のLINE@を使ったリピート対策事例

クライアントさんの場合、契約上マーケティングを私が代行している為、実際は私自身が行っていますが、ここの居酒屋では先程の「友達追加時のあいさつ」で次回来店時あなたの御飲食代無料クーポン(3名上来店時)を配信しています。もちろん、メッセージには先程ポイントとして挙げた事を記載して配信している為、期限切れ1週間前にメッセージにてアプローチをかけ来店を促します。

美容院集客対策アイディア

美容院のLINE@を使ったリピート対策事例

一方美容院のクライアントさんの場合、居酒屋のクライアントさんと同様、あいさつ時にメッセージとクーポンを配信。クーポン内容として、以前紹介した「美容院の新規客からリピートし定着してもらう方法」でも採用した「1か月間トリートメント何回でも無料」を用いて、リピート対策に使っています。リンク記事内でも書いていますが、このトリートメント施策は、新規客の定着率をかなりの確率で上げる方法の1つとしその他のクライアントさんにも行ってもらっています。

 

これまでに挙げたLINE@の賢い使い方はいかがでしたか?お気付きの通り、「お友達追加時のあいさつ」と「メッセージ」「クーポン」「1対1トーク」機能とたった4つの機能を組み合わせただけでもこのようなマーケティングの展開が可能です。

「【2018年版】押さえておきたいLINE@のプラン別料金と機能」「LINE@使い方マニュアル」、この記事を参考に、今回こそは放置せず、あなたの店のマーティングツールの1つとして活用して下さい。

無料チェックシート

CTA-IMAGE 売上、リピート対策、新規集客などマーケティングからセールスまでうまくいかない方はまずこの無料チェックシートで弱点を表面化しよう。

マーケティングカテゴリの最新記事