戦う姿勢

守るな攻めろ!環境の変化に合わせた販路拡大の必要性

近日の新型コロナウイルスにより店舗ビジネスだけでなく、様々な業種のビジネスに影響を及ぼしている状態です。

弊社マーケティングジムでもたくさんの問い合わせに対応していますが、気になる点が一つ「守る姿勢と攻める姿勢の二極化」です。

経営者の方の一部は数ヶ月の辛抱と捉えられている方が意外と多くいらっしゃいます。

人によっては補助金や助成金などを用いてギリギリなんとか対応という考えを持つ方もいるでしょう。

この状況がいつまで続くか分かりませんが、少なからず数ヶ月単位でないということは日に日に実感できる状況ではないでしょうか。

大切なのはこの環境変化に応じて、あなたのサービスをどのように販売し、売上を作っていくか、この考え方に切り替えるべきではないかと考えます。

今回のような新型コロナウイルスの影響を受けたことで、販路が狭いことによるビジネスの悪化が身にしめてわかったことと思います。

大切なのは身にしみて分かって後悔するのではなく、これからどうやって戦い 、売上を作っていくかを考えることが最優先です。

以前紹介した記事にも解説しているように、飲食業であればデリバリーサービスやテイクアウトサービスの展開はもはや必須です。

新型コロナの影響で売上が下がった!回復するには?

これまでのように店舗でサービスを受けていた消費状況から、外出自粛によりターゲットは自宅にいます。

自宅にターゲットに向けて飲食店のサービスを購入してもらうにはデリバリーサービスやテイクアウトサービスが最適と言えるでしょう。

しかしながらこれだけではこれまでの売上をカバーできるとは到底思えませんし、これにプラスアルファの戦略を考えなければいけないことは日を追うごとに実感できることでしょう。

弊社のクライアントの一部は、すでにオンライン化を進めており、自宅で作れるレシピ提供サービス、さらに単価を上げるためそのレシピに使えるミールセットの通信販売、オンラインによる料理教室など、試行錯誤しながらもう少しずつ売上を伸ばしています。

彼らの思考錯誤により飲食業のオンライン化サービスを最適化することができれば、これから先、販路拡大の一つとしてトレンドとなり、当たり前のこととなるでしょう。

また、スポーツジムやヨガスタジオなどを展開しているクライアントにおいても Web の配信サービスを取り入れるよう提案しており、いち早く実践しているクライアントにおいては、最適化を繰り返し、ある程度の売上を作るまでの段階まで進行しています。

他のサービス業も同じことが言えます。これまで提供していた販売方法が通用しなくなった今、インターネットを用いたサービスの提供を取り入れることでの販路拡大とともに、対象となるターゲットの拡大、エリアの拡大も行うことが可能です。

販路拡大を行うことにより、これまでのお客様はもちろん、新しい見込み客の獲得も不可能でありません。

さらに、この新型コロナウイルスによる影響が終息した時には、これまでに行っていたオフラインによるサービス提供に加え、オンラインによるサービスの提供という二つの武器は手に入ります。

ただ耐えている場合では何も始まりません。

この状況に対してあなたのサービスをいかに販売する方法を構築するか、それに合わせてどのようにして客単価を上げ、繰り返しサービスを購入してもらい、オンライン上の顧客としてお付き合いしていくか。

行動力が試される大切な時期です。1日でも早く前を向き、現場と向き合い、打開策を寝ると共に、あなたの武器を手に入れる努力をしましょう。

売上・集客・リピート対策・客単価・・・

売上や集客の為にいろいろと試してみたが成果が出ない・・・

そもそも何をしたら良いかわからない・・・

チェックする事で埋もれていた問題点が浮き彫りに!!

現状何が出来て何が出来ていないかを把握する事から始めましょう!

 

戦う姿勢
最新情報をチェックしよう!