【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

【リピート 集客方法の改善】美容院の集客アイディア

【リピート 集客方法の改善】美容院の集客アイディア

リピート 集客方法の改善

あなたが現在行っているリピート対策や集客方法は何でしょうか?
そして、ある一定期間でどれほどの割合でお客様がリピートしていますか?
この質問に対して、ほとんどリピートしていないと答えてしまうのなら一刻も早くリピート対策を行ってください。会社の体力が尽きればそこで終わりです。

ではどのようにして?

リピートしてもらう方法と対策

先にあなたへ質問です。あなたのお店のお客様としてみた時、あなたならどのようなことをされたらまた再来店しようと思いますか?つまりそういう事です。あなた自身がまた足を運ぼうと思わない程の店のウリやサービスしかないのであれば、、、、リピートする理由はありませんね。

リピートする理由を作る

業種により少し異なる部分もあるとは思いますので簡単に例をあげながらいきましょう。
例えば美容院。
集客広告に髪に優しいオーガニックのケア用品を使って、痛んだ髪をトリートメントによって蘇らせると謳うとします。
もちろん、ターゲットは髪が傷んで困っている方
もう少し絞り込んでいきましょう。
この美容院の来店している客を分析し、既存客の属性を洗い出します。
結果
パーマや紫外線で髪が傷んでおり、パサつきによりヘアスタイルがまとまらない事に悩んでいる30代女性
店のウリがカットやパーマ技術はもちろんですが、髪のダメージケアを得意としており、トリートメントやヘッドスパなどのメニューやシステムが充実しています。
さくっと書いたところで気づくと思いますが、店のUSPと既存のリピート客の一致。
店はダメージケアをウリとし、客はケアしてもらう事で以前より髪の痛みが軽減し満足する方向へ向かっている為リピートしています。
既存のリピート理由が明確であるなら、それを武器に広告に反映させ、さらにそれに合ったキャッチコピー、セールスコピー、オファーをぶちかましましょう!
そうして、既存のリピート客と同様の新規客を集客しましょう。
例に挙げた新規客を今度は次のステップ。
 リピートさせる戦術
僕ならこうします。
まず初回来店後、髪のカウンセリング内容、実際客が悩んでいる事を含めリストを必ず回収。
会計時、本日から1ヶ月トリートメントもしくはヘッドスパを何度でも無料のオファーをプレゼントします。
こうしてリピートする事で悩みを改善する理由を与えます。
ポイントはあくまでもお客様の悩みを解消する事に尽くす、これに限ります!
もちろん、翌週や2週間後、期限ギリギリ、それでも再来店なしとそれぞれ異なった動きをしてくると思います。
ですが、その一部はトリートメントやヘッドスパの無料枠だけでなく、他のメニューをオーダーする事でしょう。
肝心なのはこの期間の無料オファーはリピートしてもらう広告費と捉え、リピートしてもらう理由作り、そして、この店に定着する前の客を定着させるコミュニケーションのチャンスと捉え、この機会にしっかりとこの店の良さと信頼関係を築き上げます。
新規客、定着前の客には広告費やオファーの経費はかさむものです。
ですが、あなたの既存客はどうでしょうか?初回時とは異なり、いまや当たり前のように来店の予約をし、継続して来店していませんか?
見渡せばどこにでもあなたと同じ業種の店が並んでいます。
普通の事だけしても簡単には定着せず、安さだけの大手クーポン誌では初回来店の特典だけを使いまくるクーポンキラーは当たり前。
広告費は賢く使いましょう。
また広告費をケチる方ほど上手くいかず、、、、よく見かけます(⌒-⌒; )
例に挙げた美容院だけでなく、他業種の集客方法、リピート対策などお困りの方は一度お問い合わせフォームよりご気軽にお問い合わせください。
あなたが客の悩みを解消するのが仕事のように、あなたの悩みを解消するのが私の仕事ですから。。。
実際にこの施策を試したクライアントの事例はこちら
美容院の新規客からリピートし定着してもらう方法

無料チェックシート

CTA-IMAGE 売上、リピート対策、新規集客などマーケティングからセールスまでうまくいかない方はまずこの無料チェックシートで弱点を表面化しよう。

コンサルティングカテゴリの最新記事