【無料ダウンロード】売上や集客の弱点が表面化するチェックシート

集客出来ないカフェの根本的な原因と改善点

集客出来ないカフェの根本的な原因と改善点
お取引させて頂いているとあるエリアのカフェ経営のクライアント例。
オープンして2年目ですが、好調という月はあまりなく、売上不振に悩んでいる状況でした。

このカフェのヒアリング前までに行っていた事は大手クーポン誌に掲載、店頭にブラックボードでオススメメニュー等を書いて打ち出し、ブログ(アメブロ)の更新、Instagram、Facebook、スタンプカードの発行でした。
どの施策も間違っているとは言いませんが、やるからには成果が出ないと単なる作業と自己満足になるだけです。

このカフェはどこが悪かったのか?

集客の悩み

ヒアリング後に表面化した状況のうち、僕が特に気になった点は以下の項目。
  1. メニューが豊富、、、すぎる
  2. そこそこ好立地の割に来客数、リピート率が低い
  3. ブログ等SNSのアクセス数、フォロワー数の低さ
  4. 店のキャパシティの割に狭く感じる
  5. メニュー表が見にくい

メニューが豊富すぎる

とにかく多い。メニューが豊富がウリの様でしたが、今回の場合はそれがデメリットになっていました。
多い結果、オーダーされるのはわかりやすい定番メニューが大半を占めています。
また、あれもこれもオススメという様な欲張った打ち出しは客を迷わせかえって逆効果になるケースもあります。

来客数、リピート率が低い

立地は良いもののここまで来客数が少ないのは苦しいですね。
表に出ていた小さな看板と店構えはナチュラルテイストでシンプルな感じですが、初めて伺った際、カフェと分からず、実際僕も一度通り過ぎてしまう程。
ブラックボードの文字を読んでやっとカフェと認識した状態でした。

ブログやSNSのフォロワー数の低さ

簡単に莫大なアクセス数やフォロワー数を稼げる程甘くはありません。とにかく手間がかかる為、最初はやるものの成果が出ないと放置しがち。

店のキャパシティの割に狭く感じる

僕が入店してすぐに感じた事です。そこまで広くない坪数ですが、とにかく狭く感じました。さて、なぜでしょう??

メニュー表が見にくい

これもメニューを貰い、すぐ感じた点です。
最初の項目にも挙げた様にメニュー数が多く、ズラズラと何ページにもわたりメニューが書いてありました。
、、、正直結局最初の方に戻って僕自身も普通のコーヒーを頼んでしまいました。

クライアントの依頼は集客との事ですが、果たして集客だけでこのカフェは売上が上がるでしょうか?
本来僕のモットーはクライアント(お客様)が欲しい物を手に入れる事です。
来店数を増やしたければその対策を、客単価を上げたければその対策を、リピート率を上げたければその対策を、、、

望む事を叶えるのが仕事ですが、僕が判断したのはそれだけではダメだという事。
様々な要素が掛け合わさり、良くない結果を招いている。そう感じました。
さて、このカフェはその後どう変わっていったのか??

途中経過は公開できる範囲で紹介しようと思います。
小さなズレの掛け合わせが大きな負のスパイラルを招く。

売上に悩んでいるあなたもご注意を。
客が来ないから売上が悪い、そう決めつけるには早いかもしれませんよ。

無料チェックシート

CTA-IMAGE 売上、リピート対策、新規集客などマーケティングからセールスまでうまくいかない方はまずこの無料チェックシートで弱点を表面化しよう。

コンサルティングカテゴリの最新記事